› となりの(仮) › 2010年12月

2010年12月31日

2 0 1 0(終) ▽さよなら寅年


紅白の喧騒からゆく年くる年の静寂…ゴーン(鐘の音)への流れが好きです。

写真は今年四月、洞泉寺で行われた楽市楽座の時のもの
万国旗で飾られた鐘楼が新鮮な感じです。

このイベントおもしろかったなあ。来年もやってくれたらうれしい。  


Posted by 日詰 at 00:00Comments(0)

2010年12月30日

新年を迎えるにあたって

携帯のストラップを変えてみました。
こんな簡単なことでも、なんだかすっきりした気分にこにこ
大掃除?えっ それは…

ますみだ
写真は今年の初詣で行った一宮の真清田神社です。
前の週に降ったという雪が残っていて寒かった!

大晦日が荒れた天気になるそうですね。元日は大丈夫かなあがーん


昨年は足助の「花の木」さんで買ったお肉をいただきながら年越ししてました。
私はそばが食べられないので、大体年越しラーメンです笑顔汗今年はトマト鍋にする!(しめはパスタで)  


Posted by 日詰 at 15:46Comments(0)

2010年12月29日

元祖 五平餅屋 上坂商店/豊田市小坂本町

お店ネタは今年最後になりそうなので、ここは私の好きな五平餅の話で!


創業1912年の老舗で、外観も店内もレトロ感たっぷり。
外観横
豊田市駅周辺ではこちらと「松丈」さんと「あづまや」さんは昔からよく行ってます元気 他にも(長くなりそうなので省略

ひずるい???
持ち帰りで購入。包装紙に書いてある三河弁、知らないものもあるなあ笑顔汗

(↑には書いていませんが)「ぐろ」の意味は最近知りました。でも‘すごく尖っている’って意味の「ときとき」(ときんときん)は標準語だと思っていました…おかげで職場で恥ずかしい目に… 笑
ほっとする味
五平餅 ¥140
みたらしだんご ¥90

五角形型・醤油たれ・白ゴマ。おだんごも大好きです!
まあ一本 まあ一本…と食べたくなる~

とよた五平餅」のサイト(かっこいい)やちらしでも、こちらのお店の名前が一番に載っていました。
元祖の名は伊達ではない?!


実は四月に行った時のものです。
あの味が恋しい…と思いながら書きました。今の時期だったら店内でいただける関東煮やおでんもいいなあ~ハート


元祖 五平餅屋 上坂商店(こうさかしょうてん)(リンク先・食べログ)」
豊田市小坂本町3-18
0565-33-1666
火曜・第二・三月曜定休
10:30~19:00
駐車場あり  
タグ :豊田市


Posted by 日詰 at 22:58Comments(0)豊田市

2010年12月29日

お菓子処 花月/豊田市竹生町

市外の知人たちと会う用事があったので、こちらのお店のお菓子をお土産に持って行きました。

○○○○○
いちご大福 ¥160
ころころ丸い、うっすらピンクの小さめな大福。スノーボールクッキーを彷彿させるかわいらしさハート
買った後しばらく持ち歩いたのでずれてしまったカップ紙…それをそのまま撮影してしまった私おっとー
きれいに詰めてくださったのに申し訳ない汗

せっかくなので豊田っぽいものを!ということで
最中車
もなカー ¥140
豊田の和菓子屋さんではおなじみ? 車型の最中です。
フロント
前方から見たつくりになっています。
餡を自分で詰めていただくタイプ。
Motomu Makoto delicious(Google翻訳)
さすが豊田!って喜んでもらえました。
その反応が見たかったのです!よかった~わーい

かしつかさ
実は伺うのが初めてだったこちら。
以前偶然お店の前を通りがかって、あ!和菓子屋さんがある!と思い、ずっと気になっていました。
きれいな店内に、たくさんの季節のお菓子キランスイートポテトや栗ロールケーキ、栗シューなどなど、洋風なものもありました。
シューは注文後にクリームを詰めてくださるそうです。皮がクッキータイプでおいしそうでしたにこにこ
お店の方が丁寧ではきはきしていて、おかげで楽しく買い物できました音符
店内BGMにはエンヤの曲が。おわ~心地良~。


(昭和38年から営業されていたということを後に知りました)→西三河のお店検索Quun.Shop.Bank


お菓子処 花月(かげつ)(リンク先・食べログ)」
愛知県豊田市竹生町1-2-12
0565-32-3517
月曜定休
8:30~19:30
駐車場あり(店舗横)
ポイントカード/500円毎1pt

ハローフーヅ 青木店 にもお店があるそうです  


Posted by 日詰 at 00:03Comments(0)豊田市

2010年12月27日

クリスマってたのが遠い日の事の様

行こうとしていたお店が昨日からお休み。
こういったことでも年末だなあと思わされます。

物憂げな表情…
写真は年末年始とは全く関係ないですが…

昨年の夏、下山にブルーベリー狩りに行ったとき撮ったものです。
この子はこちらのブルーベリー農園のキャラクターなのかと思っていたら、農園とその周辺を含めた施設「下山バークパーク」のキャラクターでした。
名前わからなかったので「まるたぼうや」と勝手に呼んでいましたが、正しくは「どんぐり小坊主」くんとおっしゃるそうです。
バークパーク、ビオトープ等あって気になったのですが、そのとき時間なくて見ていません…汗

すずなり
ブルーベリーが種類別に植えられていました。
どの種がどんな味とか知らない私は…ひたすら食べるのみ!


これからはイチゴ狩りの時期ですね。
スポンジケーキと生クリームを持ち込んで、その場でケーキにしていた方々を見たことがあります。その発想はなかったー!笑  


Posted by 日詰 at 03:05Comments(0)

2010年12月23日

tea room 優しい時間/豊田市四郷町天道

住宅街の中にある、テーブル席3つとカウンター席の小さな、ゆるやかな時間が流れるカフェ。知ってからずっと行ってみたいと思っていました。
道を抜けた先の少し開けた場所にたたずむ、落ち着いた木目の建物。
道路に案内看板があったので迷わず着くことができました音符
(訪問は10月です)


紅茶と一緒にいただいたスコーン。温められています。
ゴマとチョコチップ入り。紅茶とセットで¥800
やわらかめのさくっとしたタイプでした。
紅茶はポットで出していただけるのがうれしい。

お店そのものも、店内から見える中庭も素敵。
置いてある本はガーデニング系が多めだったような。ターシャの写真集を読みふけってしまいました。


お隣には美容院が併設。
外からの入り口は共通で、入って右手の扉がカフェ、左手が美容院となっていました。


私が伺ったときは、店内のお客さんたちのお話でかーなりにぎやか汗でした。

tea room 優しい時間(リンク先・食べログ)」
豊田市四郷町天道45-212
0565-45-1196
月・第二、三火曜日定休
10:00~17:00
駐車場あり・5台


以下、他のお店の話になりますが…

豊田で美容院とカフェといえば、思い出すのは昨年閉店された大清水町の「サロン ド テ ラ・カシェット」さん。
美しい空間とケーキ、こだわりを感じるお店でした。数回しか行けなかったのが今でも悔やまれます号泣  


Posted by 日詰 at 20:15Comments(2)豊田市

2010年12月22日

HEAVEN'S CAFE/新城市富沢

JR飯田線、茶臼山駅からすぐ。
窓から電車が見えるシアトル系カフェです。

ヘブン
午後4時過ぎ、少し遅めのおやつタイムに来店。
先客は二組。奥様方が賑やかにおしゃべり中。

テーブル席が2人用、4人用合わせて10席くらいでしょうか…。
テーブルを確保してからカウンターで注文と会計、呼ばれたら取りに行くというスタイルです。訪問時、店員さんはおひとりでした。

コーヒー以外の飲み物やスイーツも種類豊富。レジ横の誘惑、激しいです!
迷いに迷って、私の選んだのは季節もの。

こちらの写真手前は母チョイスのイチゴのタルト ¥200
直列
アメリカーノ・ホット(ショート) ¥200
奥・レッドアップルティーは後述のスイーツとセットで ¥600

写真の角度…? 気にしないでください笑顔汗

三日月型のお皿に載せられた、小さくてかわいいタルト!
クリームもちょこんと
ちょっと甘いもの欲しいな~ってときにちょうど良さそうな大きさ。そしてもうひとつ追加しても食べすぎと思われないような小ささ。
堅めのタルト生地好きだ~ハート

私チョイスはこちら
on シード型プレート
ダリオール オ ショコラ 単品だと¥400

うまく撮れてない…
スプーン(フォークだったかな…笑)を刺すと、中からとろりと濃厚ショコラ目がハート
これ大好きなんです。
あたたかいショコラに冷たいバニラを絡ませていただくと、このときばかりは冬でよかった~なんて思ってしまいます。
暖&寒の組み合わせが一番おいしくいただけるのは冬。冬はお菓子の季節(と思っています)!


ランチタイムには月・曜日変わりのサンドイッチ、サイドメニュー、ドリンクで ¥500のセットメニューがあるそうです。

丸屋根
最寄りの茶臼山駅を撮影。
飯田線といえば「秘境駅」が多いことでも有名?ですね。青春18きっぷで全路線乗ったと母が言ってたなあ…。


ところでこちらのカフェは
駐車場は共用、広いです
教会の敷地内にあります。
(建物は離れています)
私はクリスチャンではありませんが汗カフェが気になってお邪魔させていただきました。お茶もスイーツもおいしかったです!

時期柄、クリスマスの飾りや準備に忙しそうでしたクリスマスツリー


聖書の一節
ランチョンマットに(読めるかな…)

HEAVEN'S CAFE(ヘブンズカフェ)
愛知県新城市富沢407-1
0536-23-4889
火曜・日曜定休(臨時休業あり)
11:00~17:00、ランチタイム11:30~14:00
駐車場あり
無線LAN完備・パソコン持ち込みOK  


Posted by 日詰 at 22:42Comments(2)新城市

2010年12月19日

コメダ珈琲店 豊田挙母店/豊田市八幡町

数年ぶりのコメダさん。
夜八時過ぎ、店内にはお客さんは数組。
晩ごはんがまだだったのでがっつりいただきたい気持ちと、コメダといえば…のあのお方をいただきたい気持ち、両方採用。

白(日) 黒(仏)
シロノワール ¥590
うわーおひさしぶりです。あいかわらずいい盛りです。
このビジュアルはいつ見ても美しいです(笑)

食事メインのつもりで来たのに、こちらが先に運ばれてきたのはあちゃーって思いましたが。
シロノはメインディッシュだということか…まあそれもよかろう!

肉厚
ホットサンドあみ焼きチキン ¥680
はじめていただくこちら。チキンがぶ、分厚い!
そういえばコメダさんは「メニュー写真より大きい」をはじめて見たお店でもありました。子供ながらこれは衝撃的なことでした。

ふたりで分けてもおなかいっぱい…ごちそうさまでしたしあわせ


ところで。
コメダで個人的に思い出深いのは、リニモ「公園西駅」近くの長久手店です。
子供のころ親に連れられて初めて行ったコメダがこちらでした。
元気な店員さん、独特のメニューとその器(蓋付きのジュースとか)、上にも書いた通りのボリューム。
何もかもインパクト大で、面白かった。ここのお店は一味違う…と思ったものです。子供なのに。
そのうち近所にコメダが出来始めても、親が連れて行ってくれるのは長久手店でした。どこか行くついでではなくわざわざ行くのです。好きだったんだろうなあ。


コメダに急に行きたくなったのは、母がもらってきたこれを読んだからでした。
フリーペーパー
コメダお得ブック。

内容はコメダファンの投稿(珈琲川柳とか)、メニュー紹介。全52ページ中半分以上は広告。
ナンプレやクロスワードパズルもあったので、ちょっとした暇つぶしにも良さそうです。


コメダ珈琲店 豊田挙母店」
豊田市八幡町3-3
0565-32-2775
年中無休
7:00~22:00
駐車場あり  
タグ :豊田市


Posted by 日詰 at 16:19Comments(2)豊田市

2010年12月19日

ハイブリッドフェスタ2010/豊田市千石町

当日のこと書くの初! (※…無理でした)


本日12月18日(土)、豊田スタジアム(西イベント広場・コンコース・南駐車場バス発着場)で行われた、こちらの催しに行ってきました。
開始時刻はAM9時半。着いたのは10時半過ぎ。スタジアムの駐車場は満車!
出遅れたー!と思いながら移動…11時過ぎに会場に入りました。


11時からふるまわれるという「とよたヤミツキ鍋」の列がすでに長ーく続いています。最後尾はどこだー(ってくらい並んでいました)!
20分ほど並んで、いただいたヤミツキ鍋…写真はうまく撮れておらず号泣…やはり冬の日には温かいものがいいですね~ハートというようなおみそベースのぽかぽかスープでした。フォレスタの料理人の方が監修されてるとか。
いずれは豊田の名物になるのでしょうか?これからどう進化していくかたのしみです。

以下、今回の「食」 の一部ですが…

「もものみせ」さんのつきたておもち ¥100
きなこ砂糖でいただきましたキランつきたて最高においしいですー!
味付け(かけるもの)を自分で自由にさせていただけるのがうれしすぎます。他には砂糖醤油やおろしがあったかな?
お餅つきは見ててわくわくします。おまつり的な楽しさを感じるからかな~。


「ながた農園」さんのチョコかけいちご ¥250
このかわいすぎるビジュアルにやられました
そしてこのイチゴ おおおおいしい!
あまいものの後に果物食べたりするとすっぱく感じたりすることがありますが、そういうのが全くありません。チョコもイチゴもお互いの甘さがそれぞれ活きていて…細かく書こうとすると今日中にまとめられなくなりそう!
おいしいイチゴ・オブザイヤーですどきどき


名鉄トヨタホテルさんのロールケーキとコーヒーセット ¥400
クリームにモモが入ってます!バニラビーンズの粒も見えます。
連れが買っていたので私はお味はわからないのですが汗食べる寸前に写真撮らせてもらったのでスプーンが突き刺さってますおっとー 気になったので今度自分で買ってみますグー


夢のお好みボール 4個入り ¥忘号泣
8個入りもありました。少量サイズもあるのはありがたいです。
重すぎないのがいいです。8個入りでもいけたかも!
いやむしろ大判焼き…お好み焼きサイズでもいけた…(夢(むりやり)広げる)


以前このイベントについて「豊田のゆるキャラ大集合が気になる」と書きました。そして、どこにどうやって誰が集まるんだろう…と思っていました。
気が付いたらいつの間にか広場に集っていました。5体(単位はこれでいいのか…?)も。
※後で増えていましたので、その時集まっていた数です
大集合とかいって1、2体だったらさみしいなと思っていたので、こんなに集まってくれてよかった~。
そういえばこのイベントの名前にもなっている「ハイブリッド」を象徴するキャラの「プリん☆うすくん」、広告やグッズなどにも描かれていましたが…商工会議所青年部さんのサイトにある「制作秘話」 …5話と最終話の間が一番気になりますって!
個人的にプリん☆うすくんはイラストより立体(着ぐるみ)のがかわいいと思いました。


松華堂さんのプリん☆うす大福 ¥200
こちらのイラストのキャラクターがプリん☆うすくん。
プリンと白あんが入った大福です。私の知らない間に母に食べられていましたがーん


凧作り体験ができるコーナーがひそかに気になりました(凧あげ好き)
お子さんたちが凧あげしてるのが楽しそうでした音符
今日の風も、凧あげにはよかったですね。

冬の屋外イベントは大変汗
参加された皆さん主催の皆さん 寒いそして風吹く中お疲れ様でした元気
  


Posted by 日詰 at 00:46Comments(2)豊田市

2010年12月16日

そぶえイチョウ黄葉まつり/稲沢市祖父江町

先月末、まつり最終日の28日に行って来ました。

銀杏の生産量日本一の祖父江町。町中がイチョウで彩られていました。
公孫樹

こちらは「祐専寺」周辺のまつり会場です。
屋台がたくさん、人もたくさん。メニューは定番のものから、銀杏入りのうどんやラーメンなど、期待を裏切りません!
11時ごろで
道路は歩行者天国に。こちらにも屋台がずらり。
この賑わい
手前は「祖父江のホタルを守る会」の皆さんのテント。
ドジョウやモツゴなどの魚やホタルの幼虫などを展示されていました。
私が子供のころにはうちの近所でも見られたホタル。あたりまえと思っていたことが、今では珍しいことになってしまいました…。

やはり入ってる
甘酒(銀杏まんじゅう付) ¥250
ご覧の通り、もちろん銀杏入りです。かなりの希釈ぶり…薄味でした笑顔汗
銀杏まんじゅうは、いわゆる赤飯まんじゅうのような。てっぺんに銀杏、中身はもち米というつくりでした。

銀杏の無料試食もされていました。素揚げした銀杏に塩というシンプルな味付けのものでしたが、もちもちしていて美味!
銀杏ってこんなにおいしいの?となかなか衝撃的でした。
もちろんお土産に買って帰りましたハート

紅葉もあった
散歩しつつ黄葉見学。
住宅街のただ中でもイチョウの木々があちらこちらに。

人の大きさと比べてみてください
大きなのっぽのイチョウさん。
屋根より高い
木の高~いところに実が。
どうやって収穫するんだろう?


ぎっしり
こちらに来る途中に見た名古屋市街のイチョウ並木もきれいでした。しかしながら、油分を含んでいて滑りやすく危険だということで最近は街路樹でイチョウを植える所が減っていると聞いたことがあります…


でもときどき飲みたくなる
祐専寺のお茶席でいただきました。
抹茶・お菓子付き ¥250 
抹茶は苦手なのですがお値段に惹かれて。やっぱり苦いい。

そしてこの後
お寺の本堂から。写真のイチョウは天然記念物。
祖父江町にはこの木を含め、3本のイチョウが天然記念物に指定されています。
写真の右下に見えるのは譜面です。少し前まで同場所でバンドの演奏が行われていました。記事一枚目の写真がそのライブ中…なのですが小さすぎてわかりにくいですね水滴

この写真を撮った次の瞬間。突然の風でイチョウの葉が人々の上に散ると…
キャアアアアア」(歓声)
飛んでくる葉を空中でキャッチ大会が始まりました。

(大人しか取ろうとしてない…!)

私の文章じゃあの面白さを伝えきれないなあがーんとにかくヤバかったです(笑)

連なる黄
お店の方の話によるとこの「イチョウ黄葉まつり」は10年くらい前から始まったそうです。
私は3年前に母から教えてもらって知りました。その時の話では「こぢんまりとしたいい雰囲気のお祭り」ということだったのですが(母の話はあんまりあてにならないけど(笑)今回行ってみたら大変な盛り上がりでした。駐車場(無料)は結構な数があったと思うのですが、あふれ出した車で路駐の嵐嵐
ちょうどこの前日に中日新聞一面に写真付きで紹介されたりしたので、そちらを見て来られてる方々も多かったんだろうなと思います。この日は名鉄の電車沿線ハイキングも行われていました。
年が経てば観光地やおまつりにも変化は訪れるもの。「こぢんまり」ではありませんでしたが、「いい雰囲気」なのは違いありませんでした。道案内してくださった地元の方が親切すぎて感激。観光協会の方々がおもしろすぎて爆笑。
楽しかったです稲沢。ずーっと続いたイチョウの黄色がまぶしかったです。
パカパカ
これは母が訪れた3年前のときの写真。黄葉と木曽馬。
乗馬体験は今回もありました。
むっちりしてておいしい
上記の地元の方のご紹介。銀杏しゅうまい ¥500
中身にもお肉と銀杏入り。
いなッピー愛
稲沢果鈴都 ¥350?
細身のカリントウ、もちろん銀杏使用、うまし!
観光協会の皆さんのいなッピー(稲沢市マスコット)への愛を感じました。

下記リンク「稲沢市観光協会」で見られる観光ガイドブックに掲載の「祖父江のイチョウワイドビュー」
ほんと町中こんな感じ。ご覧になってみてくださいハート


■関連リンク■
稲沢市観光協会
祖父江町商工会  


Posted by 日詰 at 23:38Comments(0)稲沢市